現場全体の安全のために積極的な報告を!

■ヒヤリ・ハットを感じたら、すぐメモに。

上記を参考に、書きやすいカードを各現場で作成しよう。

■カード(報告書)をもとに、KY(危険予知)活動を。
 終業時や月例のミーティングで対策を立てる。

〔安全くん12号‐2頁〕