やさしい応急処置の心得
〜正しく安全な方法を身につけるため、講習会などに参加することが望ましい〜

■傷の手当と止血の方法

■頭を強く打ったら

■人工呼吸の方法(呼気蘇生法)

〔安全くん14号‐5頁〕