車載型クレーンを運転するための法令と資格

車載型クレーンを運転するためには(ユニック車)

●吊り上げ荷重が500kg以上1ton未満の車載型クレーンは、運転のための特別教育と玉掛のための特別教育が必要です。

●吊り上げ荷重が1ton以上5ton未満の車載型クレーンは、小型移動式クレーン運転技能講習と玉掛技能講習が必要です。

●吊り上げ荷重が5ton以上の車載型クレーンは、移動式クレーン運転士免許と玉掛技能講習が必要です。

小型移動式クレーン運転技能講習および、玉掛技能講習について

各都道府県労働基準局または、その指定教育機関が行なっていま す。実施日などは各地労働基準局等へお問い合わせください。 小型移動式クレーン運転のための特別教育および玉掛のための 特別教育について事業者が「特別教育規定」にそって、教育を 行なうものです。

移動式クレーンのための関係法令

● 労働安全衛生法
●労働安全衛生法施行令
●労働安全衛生規則
●クレーン等安全規則
●クレーン等運転関係技能講習規程
●クレーン取扱い業務等特別教育規程
●玉掛技能講習規程
●年少者労働基準規則
●女子労働基準規則
●移動式クレーン構造規格

※なお、車輌の運転にはその車輌重量により普通免許、中型免許が必要になりますので、
よくご確認の上、運転してください。

〔安全くん21号‐6頁〕