土木工事(下水道)安全のための数値チェック

■バックホウ

●作業半径2mは立入禁止。
●1m以内の埋設物は用心、手堀りに変更するなど、作業方法の検討が必要。

■ベルトコンベアー

●のり肩付近の設置は禁止。
掘削溝からの距離は「掘削溝の深さと同程度以上」を目安に設置。

●接続する感電防止用漏電しゃ断装置の性能は、動作時限が電圧動作形においては0.2秒
以下、電流動作形においては0.1秒以下のものを使用。

●上記装置の絶縁覆いは、毎月1回以上の点検を。

■掘削溝

●掘削面の高さが1.5m以上の場合は昇降設備を設置。
2m以上の場合はあらかじめ周辺の地質などを調査し、作業主任者の選任が必要。

●掘削面の勾配の基準は、上記の安衛則第356条の規定に従う。

■掘削土・ヒューム管

●のり肩付近の設置は危険、掘削溝の深さと同程度の距離を確保して設置。

<安衛則356条>

地山の種類 掘削面の高さ(単位m) 掘削面の勾配(単位度)
岩盤又は堅い粘土
からなる地山
5未満
5以上
90
75
その他の地山 2未満
2以上5未満
5以上
90
75
60
〔安全くん27号‐2頁〕