改善は、安全のため、効率のため、自分のために

■何のために=目的をハッキリさせること

■実施のタイミング=問題意識のある時に

■進め方を考える=着実に一歩づつ

■ポイント

〔安全くん39号‐4頁〕