測量機器の使用前点検!
〜トランシット編〜

建物の高角度、水平、距離、高低差の測定に使われるトランシットの使用前点検ポイントです。また三脚の頭部を水平にすることが据え付けのコツです。

点検図

1.整準の点検

正面2つの整準ねじを使用し、棒状気泡管の気泡を中央へ、次に水平固定ネジで90度回転させ気泡を合わせます。数回繰り返し、気泡が中央で落ち着いたら、180度回転させ気泡が2本の黒い線の内側であれば精度内です。

2.”たち”(鉛直)と求心の確認

正の方向で2点の目標物を視準します。
この時、必ず1点は高さのある目標物(避雷針等)で、別の1点は地面に近い目標物(モノサシ、コンベックス等)に設定し、望遠鏡のみ上下方向に動かします。次に反において、同じ目標物を視準しズレがなければOK。なるべく高低差のある目標物を視準することがポイントです。 次に求心望遠鏡を全回転させてどの位置においても地墨の点がズレなければ正常。

3.偏心(ヘアー線)の確認

正の方向で遠くの目標物を視準し、本体を180度回転させ、同じ目標物を視準した際、水平角は180°00' 00"、鉛直角は正+反で360° 00' 00"(0° 00' 00")の表示でOK。

〔安全くん51号‐6頁〕