測量機器の使用前点検!
〜光波測定機編〜

建物や道路上での距離を測定する光波測定機。ここでは、距離(測距精度)の使用前点検のポイントをまとめてみました。点検には同機種のプリズムが2組あると素早くできます。

■使用前の準備

図

天候は曇天で風が適度にあるとき。陽炎や靄が立っているような天候は避けて下さい。
本体を外気の温度に慣らします。保管場所と測定場所の温度差に注意して下さい。
(例えば、夏場密閉した車内に本機械を保管するのは禁止です。)

■距離の精度を確認

1.300m程の基線A、Bを作ります。
2.A、B線上にC点(AC長さ120m位)を作り、C点に本機を設置します。
3.AとBにプリズムを設置し、長さACとBCを測距します。
4.AC+BC=AB±測距精度以内(本機仕様書に記載)の場合、正常です。

※測定値にはプリズム気泡管ズレの誤差、気象誤差等も別途考慮して下さい。
※プリズムは、メーカーの製造年や型式により、定数が異なる場合があるので注意しましょう。

〔安全くん52号‐5頁〕