刃物は使いよう!研削機器の安全
〜グラインダ編〜

グラインダは回転する刃を持っているので、誤った使用は砥石が破壊され大きな人身事故の原因となります。また金属の研削粉は火花となって飛散するので引火しやすいものは付近に置かないでください。今回は、グラインダの安全についてまとめましょう。

■正しい電源の確保から!

電工ドラムや継ぎコードを介して使用する場合、適正な電圧が確保されていないと刃の回転が安定せず切断能力を十分に発揮できません。また小型発電機はエンジンの回転数により電圧が上下するので、使用するときはインバータ付か余裕を見た発電能力で選んでください。

■水と埃に、ご用心!

本機は乾式用ですから、水や研削液など使用すると、砥石の破損や感電の恐れがあるのでやめましょう。金属を研削及び切断する場合、集塵機は使用しないでください。火花により集塵機が焼損します。モータ内部に埃が溜まると故障の原因となります。50時間ぐらい使用したらモータを無負荷運させ機体内の埃やゴミを排出させましょう。

※安全上、研削作業には必ずゴーグル等安全保護具を着用のこと。軍手は巻き込まれる恐れがあるので、使用は避けましょう。

〔安全くん54号‐6頁〕