水気にご用心!
〜エアツールの正しい使い方〜

エア工具は、圧縮空気に含まれる水気がトラブルの要因となります。圧縮空気に水分が含まれたままエア工具へ供給されると錆びが内部に発生し部品を劣化させ破損します。エアホースを工具に接続する前に、水やゴミが出なくなるまでエアーを吐出させてください。エアホース接続の際はニップル口元のゴミを必ず拭き取ってください。

■使用前の安全チェック

1.チゼル先端部の磨耗やシャンク部の磨耗があると、打撃力が低下し作業の効率も低下します。また亀裂があると折損する恐れがあるので新品と交換を。

2.エアホース取付口ニップルのネジがゆるんでいないか点検してください。緩んだままだとエアホースと共に外れ、ホースが暴れるなど危険な状態になります。

3.給油を怠ると錆や磨耗が発生し故障の原因。使用前と使用後に数滴給気口より補給し2・3秒無負荷回転を行ってください。エンジンオイルなど粘度の高い油は機械の調子を悪くします。作動油又はダービン油を使用してください。

〔安全くん56号‐4頁〕