バッテリー溶接機の安全

■溶接作業中の安全

溶接作業中に、溶接の火の粉が本体にかからないように本体

を作業周辺から離して作業を行ってください。

本体にカバーをかけて運転すると換気ができず、本体内温度

が上昇し加熱すると故障の原因となるので避けましょう。

また、運転中に出力端子に触れないでください。

感電する恐れがあるので、結線等で端子部に触れるときは

出力スイッチをoffにすること。

■充電と日常点検

〔安全くん70号‐7頁〕