電気チェーンブロックの安全

■トラブルの原因と予防

荷の吊上げが遅かったり停止するのは、過荷重が主な原因

ですが、電源が適正でない場合も有ります。

仮設電源を使用する際は、一度電圧をチェックしましょう。

押しボタンの方向と逆に動作する場合は、電源の逆相が原因

です。

また、吊りフックは負荷がかかるので長期使用の場合、

フックの開きも確認のこと。過度のインチングは、接点の

焼付けの原因になるので、ご注意を。

■点検のポイント

使用前には次の個所に異常がないか点検を。

@チェーン(伸び、摩耗、変形)

Aフック(はずれ止、開き、変形)

B本体(各部のボルト、ナット)給油

C外観(破損、変形、ねじのゆるみ)

Dスイッチの動作

※トロリー付きで定格荷重500kg以上の電気チェーンブロックは、「クレーン」の扱いとなり5t未満はクレーン運転の特別教育、5t以上はクレーン運転士免許が必要。
また、設置には所轄労働基準局への届出(3t以上は設置届、3トン未満は設置報告書)が義務となります。

〔安全くん72号‐4頁〕