エンジン刈払い機のトラブルシューティング

除草作業に使用されるエンジン式刈払機(草刈機)。
手軽な反面危険も大きく、作業前の点検でトラブルを未然に防ぐことが大事です。

①危険の芽を見落とさず!

始業時、いきなりエンジンをかけるのは危険です。刃押さえ等ネジやボルトの緩みがあると事故を招く恐れがあります。
必ず、◎刃押さえ金具や受け金具、◎外観の損傷、ネジ、ボルトのゆるみ、脱落の有無を点検しましょう。また故障を未然に防ぐ為にも、◎エアクリーナ◎キャブレター◎燃料タンク等に汚れや漏れ、目詰まりも見逃さないように!

②トラブルシューティング

トラブルシューティング

燃料は、混合ガソリン又は分離式(ガソリン・オイル)およびガソリン仕様のタイプがありますので、仕様前に燃料の種類を確認しておきましょう。
※作業時は、保護めがね、防振手袋、作業用安全靴、すね当てなどの保護具を必ず着用してください。

〔安全くん81号‐6頁〕