スライドデッキの安全対策

屋内系高所作業車で利便性のよさで延長式のデッキを導入されるケースが増えてきています。今回は使用時の安全について、まとめてみました。

◆スライドデッキ特有のニアミス

スライドで突き出した部分は、真下が死角となります。
リフト下降時に人や障害物が無いか十分に確認して
ください。
走行移動時は、操舵側の前タイヤが操作位置より、
後ろになるのでステアリング切れ角や旋回範囲も注意
しましょう。

◆安全ワンポイント

スライドレール部分にゴミや異物が噛み込むとデッキがスムーズに格納できなくなり、故障の原因となります。デッキ上は常に清掃を保ってください。
またデッキ延長時はピンロックの確認と荷重表示、特に延長部分は、積載荷重が小さくなるので注意し、過荷重による転倒を防止してください。
※延長作業床に乗員がいる状態で作業床をスライドさせないでください。

〔安全くん82号‐4頁〕