熱対策! 小型機械のトラブル防止

車両系建設機械に比べ小型機械は冷却用の装置が付いていない物が多いので熱による対策が必要です。熱による特有のトラブルをまとめてみましょう。

◆ペーパーロック現象とは?

ハンドカッターやチェンソー、プレート等、ガソリンを使用する機器に起こる現象です。
キャブレータが周囲の熱により熱せられ、中のガソリンが沸騰して、混合気体が薄くなりエンジンが止まったり、かかりにくくなります。対策としては、機械を風通しの良い場所で冷やす事。また作業が終わってもエンジンをすぐに止めずアイドリング状態で、しばらく冷却しましょう。

◆電動工具のオーバーヒート

ハンマードリルなど電動工具も外気温が加わるとモーターが同様に加熱します。
この場合スイッチを切らずに数分間モーターを空転させると温度も下がってきます。
モーターにとって空気は冷却に重要な働きをするので、空気吸引口についた埃、粉塵などは取り除き通風をよくしましょう。

〔安全くん83号‐6頁〕