★そろそろ熱中症対策が必要では?

“花粉症”から“熱中症”へ。インターネットでも日本気象協会が提供する「熱中症情報」や「環境省熱中症予防情報サイト」が開設されていますが、そろそろ注意が必要になる時期になりました。

◆熱中症とは・・・

体温調節や循環機能を損ない、水分塩分代謝の平衡バランスをくずし、作業遂行が困難または不能に陥った状態をいいます。真夏の屋外や蒸し暑い屋内作業では、体温調節機能がめいっぱいに稼働するため、心臓は常に過労状態になります。こんな時に、残業・徹夜・夜更かし・寝不足等が続くとどうしても熱中症(熱射病・日射病)にかかりやすくなります。

◇熱射病とは、体温が40℃以上に急上昇する状態で、あくび→めまい→意識障害→けいれんを経て死亡に至る、緊急処置を必要とする危険な病気。すぐ救急車を要請し、到着するまでの間、全身をまず冷やすこと。屋内の蒸し暑い場所で、体温の発散が困難となったときに発病するケースが多い。(よく、車に放置された幼児が亡くなっている)

◇日射病にかかると、頭痛・発熱・顔面蒼白・めまい等の症状がでる。すぐに日影の涼しいところへ移して、水分を補給して安静を保つこと。頭痛や後頭部に直射日光を長時間受けていると日射病になるケースが多い。

◇熱中症を予防するために

(1)気温が30℃程度でも、湿度が80%以上の時は、長時間の屋外作業は避ける。
(2)屋外での作業には、風通しをよくし、直射日光を避ける工夫をする。
(3)作業中は、水分・塩分を十分補給する。(スポーツドリンク◯、冷えすぎは×)
(4)服装は、肌の露出を少なくして、かつ風通しのよい状態にしておく。
(5)休憩を適当にとる。(集中力を発揮するため)
(6)疲労回復のため疲労回復のため、タンパク質・ミネラル・ビタミン類を意識して十分に補給する。

〔安全くん87号‐10頁〕