感電事故に関するお話し

1.感電による労働災害の特徴

①建設業に多く発生している
②重症になるケースが多い
③低圧による感電災害は夏季に集中する

2.夏季に低電圧でも多い感電死亡災害
(低圧の感電死亡災害は7〜9月が多く発生している)

①暑さから絶縁用保護具や防護具の使用を怠りがちになる
②着衣を半袖(または腕まくり)にするなどにより直接皮膚が露出することが多くなる
③汗が多くなり皮膚自体の電気抵抗や皮膚と充電物の間の接触抵抗が減少する
④作業時における注意力が低下しがちである ・・・等が影響しているものとみられる。
※このため、例年8月を「電気使用安全月間」と定め注意の喚起と電気安全知識の啓蒙活動が展開されている。

3.感電防止の基本

 電気機器や配線の絶縁を常に良好な状態に保ち、感電災害の原因となる漏電それ自体を起こさせないことである。また電気作業者といえども、「うっかり」、「思い込み」に起因する感電事故が多いので、むやみに露出充電部に接近しないことが重要である。これには電気機器や配線に対して日常点検や保守管理の励行、電気作業における絶縁用保護具・防護具・用具を用い標準作業を行うことなどがあげられる。

4.感電と人体

 人体に電流が流れたとき、電流の大きさ、通過時間、通電経路によってピリピリと感じる程度から火傷、死亡といった重大災害にまで至る。ドイツのケツペン氏によると、大きな電流が人体を通過すれば、短時間で危険になり、小さな電流なら長時間流れても危険はなく、その限界は50[mA・s]と提唱した。ヨーロッパでは、50[mA・s]に安全率を見込んで30[mA・s]で運用され成果をあげている。このため、わが国でも30[mA・s]を基本としており漏電災害の防止を目的とする漏電遮断器は高感度・高速形の30[mA]、0.1[s]のものが一般的に採用されている。

〔安全くん88号‐4頁〕