リスクアセスメントとは?

 平成18年4月に改正、施行された労働安全衛生法により、建設業の事業者は『リスクアセスメント』の実施が努力義務として定められました。これは、危険性又は有害性等の調査を実施し、その結果に基づいて検討した災害防止対策を実施し、未然に労働災害を防ぐいくことになります。
 つまり、労働災害や事故が起こる可能性と災害や事故が発生した場合のケガの大きさが、どの作業にいつ、潜んでいるかの調査(洗い出し・見積り・評価)し、適切なリスク低減対策を実施することです。手法はKY(危険予知)とほぼ同じです。
以下は、その例です。

1.「作業」や「工程」ごとに一枚のリスクアセスメントシートを作ります。
2.その作業手順に沿い、作業項目(単位作業)毎に一行に書きます。
3.作業項目ごとにリスクの内容を掲げます。
たとえば、「作業台から落ちて負傷する」など。
4.作業項目ごとに予測されるケガの程度と発生の可能性から評価(リスクレベル)します。
5.リスクレベルの高いものから改善対策を検討し、対策の内容と対策した場合のリスク評価します。
6.改善対策は、工法の変更、材料の変更など危険性の少ないものへ変更します。
例えば、カバーを設置するなど、安全装置の取り付けなど、より有効な方法へ。

※注意事項

①トップの導入に関する意思表明が重要です。
②実施責任者を決め、職長などが推進メンバーに入って実施します。
③作業者からの意見、報告を受け、実態を反映するよう努めましょう。

※詳しくは、各都道府県の建設業労働災害防止協会支部にお問い合わせください。
講習会の実施やテキストの頒布などされています。

〔安全くん93号‐2頁〕