「単品承認」・・・ご存知ですか?

建設現場ではさまざまな仮設機材が使われています。
近年、アルミニウム合金製の可搬式作業台(通称:タチウマ・デューク)が数多く使用されるようになって来ました。
理由としては、軽量で持ち運びが簡単、すぐ使用出来る。と云う事でしょうか。
可搬式作業台(以下、作業台)は、社団法人仮設工業会の認定制度の対象商品になっています。

認定制度とは、仮設構造物(仮設足場・型わく支保工等)の安全性を確保するため、仮設機材に関する厚生労働省規格及び仮設工業会の定める仮設機材認定基準等に適合していることを検査する為の制度です。

このように認定された作業台なら強度や安全性が確かで安心して使用出来ると現場内の人気商品して定着してきました。
発端は、今から20年前、左官の安全作業の為の提案から生まれた『立馬』がスタートでした。
今では、現場内は作業台で溢れんばかりの大賑わい、又新製品として従来の作業台とは構造の違う商品が現場の声として生まれています。
構造が違う為、作業台の認定基準にあてはまらない、そこで必要に迫られて生まれてきたのが、単品承認制度です。

「仮設機材に関する認定制度」の適用を受けない個々の仮設機材について設置目的・設置場所・設置方法に照らして、十分な安全性を有していることを確認し、単品承認する制度です。 (仮設工業会のホームページ引用)

当社の保有商品としては、

・お立ち台(DSK06 DSK09 DSK12 DSK12S)
・イーステップ(DES50 DES75 DES100)
・段平馬(DUG570)              等があります。

当社のセンターでは、認定品・単品承認品を中心に安全な構造の商品を安全な状態で貸し出しの出来るよう日々取り組んでいます。又、こんな仮設機材があったら良いな、便利だな・・・の声を聞かせてください。メーカーさんとタイアップで、新しいものを形として提案いきたいと思います。

〔安全くん93号‐4頁〕