リスクアセスメントの効果は?

 「リスクアセスメント」の手法でそれぞれの現場における危険をピックアップし、その重大性を評価する過程の中で、安全意識が広く浸透し、また、継続的、体系的に繰りかえし実施することによって、そのノウハウが蓄積され、様々な事例を吸収しながら伝わっていくことにより会社・現場の安全管理のレベルアップに貢献するはずです。その効果か次のようなものが考えられます。

1.リスクに対する認識を共有できる

現場の作業員も参加してもらい、安全管理者や職長等とともに進めるので、現場に潜む危険をみんなで認識し、共通の意識を持つことができます。

2.設備、工法の面からも対策がとりやすくなる

工事に入る手前でリスクとその対策を検討することになり、設備や工法などより具体的な技術的対応策をからめた取組みを進めることができます。

3.安全対策の優先順位が決定できる

リスクアセスメントの結果を踏まえて、リスクを低減回避させる必要があるが、リスクの見積り結果(評価)により数値化されるのでその優先順位を決定しやすくなります。

4.日常の安全活動に役立つ

リスクアセスメントで得られた結果を作業手順書に明記することで、職長や作業員が手順に沿って起こりうる危険な状況やそのために実施する対策がわかり易くなり、説明し易く、理解も進む。つまり、作業の適切な指示、指導をできる。
当日のKYを有効に活用できる。ということになります。

5.残されたリスクに対して「守るべき決めごと」の理由が明確になる

さらに、技術的、時間的、経済的などの理由からすぐに適切なリスク低減対策ができない場合でも、必要な管理的措置を実施した上で、対応を作業員に任せることになりますが、リスクアセスメントに作業員が参加していると、なぜ注意しなければならないか、どのようなことが発生する危険があるかという理由まで理解されるので、守るべき決めごとが守られるようになります。

〔安全くん96号‐6頁〕