『寒さ、冷えの対策は、首・手首・足首から!?』

前回の本誌のアンケートで、皆さんの寒さ対策をお聞きしました。その中で、個人的な対策として目だって多かったのが“ネックウォーマーを使っている”、というお答えでした。
確かに「カゼは首から引く」とよくいわれます。そこで、少し、そのメカニズムについて調べてみました。

“首”といってもどうやら手首・足首もあわせての“首”らしく、これらの部位には大きな動脈が皮膚のすぐ下を通っており、そこが冷えると動脈が冷え、身体全体が冷えてくる、というのが発端。
そして、これに反応して体温を逃がさないように自動的に筋肉が引き締まり、そのため細い血管の血流が悪くなる。
つまり、手足の指先が冷たくなったりする。これは、十分な血液や栄養が隅々まで行きにくくなるからだそうです。
この結果、行動が鈍くなり心臓より遠い足や手の血液の流れが悪化、むくんだりします。
血液の流れが悪いと、隅々まできれいな酸素や栄養がいきわたらず、細胞の働きが落ち、
ひいては免疫力をも低下させます。
そこで、カゼをひく、という“首からカゼ”のストーリーができあがります。

この他、冷えだけでなく乾燥もカゼの原因。乾燥した空気で喉の粘膜の湿り気がなくなり、入ってきたばい菌の退治が出来なくなります。その上、冷えで血流が悪ければさらにばい菌をやっつけることが出来ないので、カゼを引くということになります。

手首や足首、首を暖めると、自然に身体が温まってきます。身体が温まると、活発に行動することが出来、その結果、さらに血行がよくなり、細胞も活発に活動します。まさに、カゼ引きの逆です。

どこか、“風が吹けば、桶屋が儲かる”的な話になりましたが、とにかく、寒いな!と感じたら首のつく部分を暖めて見てはいかがですか?
膝・肘も大きな血管が通っているところですから、同じように暖めると、寒さがやわらぎます。ネック、ハンド、レッグの各ウォーマーを上手く使ってカゼをひかないようにご注意ください。

なお、過度の緊張などで手のひらや足の裏に汗をかくような方は、その汗が蒸れて蒸発する際に身体の熱を奪う“ストレス冷え”になるので、厚い手袋やくつ下の着用は逆効果。
温めることでさらに発汗して冷えを助長させてしまうので、汗をかきにくい手首・足首だけを温めるようにするとよい、とのことです。

〔安全くん97号‐6頁〕