高所作業車 作業前のチェックポイント
(機種選定と作業計画策定のために)

トラックタイプの高所作業車を使って作業する前に調査・確認をせずにトラブル発生となるケースが多いようです。
適正な機種で安全な作業を行ってください。

①目標物の確認 (施工する場所の高さ)・・・ 最大作業床高さ&作業範囲図のチェック
=実際の作業現場の状況を確認し、高さに余裕をもって選ぶこと。

②障害物の確認 (作業車の活動範囲)・・・ ブームの形状と作業範囲図のチェック  
=上空の障害物(架空線・看板・街路灯・樹木・土塀などの確認)。

③作業場所の確認 (アウトリガーの完全張出)・・・ 作業範囲図・アウトリガー張出寸法のチェック
=張出し幅が充分に取れない条件では作業範囲が制限されます。

④地表面の確認 (地盤の状況の確認)・・・ 地盤が崩れて転倒しないように
=段差・傾斜・凸凹・軟弱地など、地表面の確認を!

⑤積載物の確認 (作業道具・材料の重さは?)・・・ 積載荷重と作業床寸法のチェック
=定員と積載重量の確認。定格荷重をオーバーすると、安全装置が働き動作を停止または規制がかかります。

⑥作業者の確認 (有資格者を選ぶこと)・・・ 最大作業床高さと資格証の確認
=10m未満の機種は「特別教育」、越えると「技能講習」修了者でないと運転操作できません。

⑦走行路の確認 (車輛の運送経路のチェック)・・・ 機体寸法(輸送時の最大高さ)のチェック
=極端に低いガードや門扉のチェックを! 鉄道や道路のガードに注意を

〔安全くん99号‐4頁〕