『現場管理者,技能者,建設従事者等を対象とした
安全教育の推進』について
〜国土交通省「平成23年度における建設工事事故防止のための
重点対策の実施について」より〜

(建設関連団体に出された文書の一部抜粋です。資格取得者も進んで再教育を受けましょう)

◆現場管理者,技能者,建設従事者等を対象とした安全教育の推進

ア、建設従事者に対する安全衛生教育の実施
労働者の不安全行動の防止の観点から、建設業労働災害防止協会が定める指針に基づく“建設従事者に対する安全衛生教育”を受けるよう働きかける。
なお,直轄工事においては、建設業労働災害防止協会等を活用した当該教育を実施するよう働きかける

イ、技能者等に対する再教育の推進
就業制限業務及び作業主任者を選任する業務における資格者の配置のみならず、資格取得後一定期間経過した資格者については、次に掲げる再教育を受けるよう働きかける。
①労働安全衛生法第19条の2に基づく足場の組立て等作業主任者等に対する能力向上教育
②労働安全衛生法第60条の2に基づく車両系建設機械運転業務従事者、移動式クレーン運転士、玉掛業務従事者等に対する危険有害業務従事者教育
③厚生労働省通達に基づくドラグ・ショベル運転業務従事者等に対する危険再認識教育

ウ、現場管理者等に対する教育の推進
職長又は安全衛生責任者については、労働安全衛生法第60条等に基づく職長・安全衛生責任者教育を受けるよう働きかける。

※建設業労働災害防止協会(略称:建災防)では、国土交通省より建設工事事故防止のための協力要請を受け、「建設工事に従事する労働者に対する安全衛生教育」(略称「建設従事者教育」)を実施しています。詳しくは建災防各支部までお問い合わせ下さい。(Web 「建災防」で検索を!)

〔安全くん113号‐4頁〕