秋の火災予防週間と工事現場からの火災(2011年)

□”消したはず 決めつけないで もう一度”これは秋の火災予防週間(11月9日〜15日)の標語です。具体的には「住宅防火 いのちを守る 7つのポイント」があげられています。

●3つの習慣:①寝たばこは、絶対やめる、②暖房器具は、燃えやすいものから離して、③ガスコンロなどから離れるときは、火を消す
●4つの対策:①逃げ遅れの防止に、住宅用火災警報器を設置、②寝具、衣類及びカーテンは防炎品を使用、③火災は小さいうちに=住宅用消火器等を設置、④お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる

□一方、毎年ビル・工場の新築工事や増・改築、補修等の工事中にも火災が発生しています。

1.主な出火原因:溶接や溶断作業による火花の飛散又は作業員等の喫煙の不始末、更には、夜間施錠されていない工事現場に放火されるなどが主な原因となっています。

2.工事中の防火管理業務

●溶接・溶断時
・周囲を不燃性のシート等で遮へい、可燃物の除去及び消火器等の消火準備
・可燃性物品や危険物等のそばでの火気使用の禁止
・溶接等の作業場周辺の点検や作業中の監視
●喫煙管理
・喫煙時の注意事項を守らせる。(場所、始末の方法等)
●放火防止
・工事資器材等の整理整頓と工事現場の定期的な巡回
・夜間等の立入り禁止と出入り口の施錠、出入者のチェック
●危険物品等の管理
・塗料、シンナー等の危険物品等は定められた不燃性の保管庫等に収納、施錠してその管理を徹底する。
なお、現場には必要最小限の量を持ち込むようにする。
●延焼拡大防止
・避難通路となるところに資材等を放置しない。
・防火戸や防火シャッターの閉鎖障害となる場所に物品を置かない。

※上記以外にも、消火器の設置や火災発生時の連絡方法、避難経路等の対策・準備は言うまでもありません。
作業員の安全と近隣への類焼防止など、さまざまなケースを考えて十分な措置をお願いします。

(※参考出典:東京消防庁 他のHPより)

〔安全くん114号‐2頁〕