熱中症になれば ・・・ その対処法を知る

熱中症とは、①熱失神、②熱けいれん、③熱疲労、④熱射病に分類されます。救急医療の現場では、①と②を軽症、③を中等症、④を重症と表現しているようです。 それぞれの症状と対処法は次のようになります。

①熱失神

立ったままの姿勢の影響で、下半身に血液が溜まり、且つ熱を身体から発散するための皮膚血管の拡張によって血圧が低下することで脳への血流が減少し、めまい、失神などの症状になるもので、安静にすることで回復するケースが多いようです。

②熱けいれん

汗を大量にかき、水だけを補給していると血液の塩分濃度が下がり、足、腕、腹部の筋肉に痛みをともなったけいれんが起きるものです。この症状には、安静と水分・塩分の補給が必要。口から飲めない場合には、点滴で投与します。
なお、これに加えめまい、頭痛、吐き気などがあれば“熱疲労”となります。

③熱疲労

大量の発汗による脱水と循環不全(血液不足)による症状で、脱力感、めまい、頭痛、吐き気などを起こします。入院しての治療が無難で、脱水には点滴が必要に。しばらく体温の管理も続けることになります。

④熱射病

体温の上昇(40℃以上)し、脳の中枢機能に異変が起きた状態で、意識障害(応答がにぶい、言動がおかしい、意識がない等)が起き、体温の調整機能も失われることから、すぐに身体の冷却と救急救命処置を行わないと生死にかかわる重大な状況です。

※以上の症状は、①から徐々に④に向かうものではなく、人それぞれの体調により異なります。近くで作業していた同僚が、突然倒れる、といったことにも・・・。自分自身の体調の変化に留意し、無理をせず早目の対策をとることと、周りの人にも目を配り、現場から熱中症を出さない意識をもってこの時期を過ごしてください。

(出典、参考:「安全衛生のひろば」5月号 中央労働災害防止協会 発行)

〔安全くん123号‐6頁〕